寝屋川市の英会話教室から世界へ向けて発信
Header

英語と日本語、どちらがむずかしいの?

10月 15th, 2014 | Posted by webmaster in 代表者のつぶやき

英語と日本語、どちらがむずかしいの?

 

時々「英語と日本語はどちらが難しいですか?」と聞いてくる方がいます。

さて、どちらでしょうか。皆さんはどう思われますか。

 

英語で一杯のコーヒーと言う時は “ a cup of coffee”, “ a glass of coffee”と言います。

ほかにも一枚の紙や一本のチョークは “ a sheet of paper” “ a piece of chalk”と言います。

また、花のような束になっているものやブドウ2房などは

”a bunch of flower”, “ two bunches of grapes” と言います。ごみの山は

“ a pile of rubbish” などなど。これが結構大変だという方もいます。

 

では、日本語はどうでしょうか。外国の方に日本語を教えている場面を思い描いてください。

ペンの数え方を教えます。1本のペンをテーブルの上において

これは「いっぽんのペン」と教えます。

今度2本並べます。生徒が、わかりました、「にっぽんのペンです」と言います。

いいえ、これは「にほんです」と教えます。

次に3本並べてると生徒は「さんほんですか」といいます。

いいえ、「さんぼんです」と教えます。

じゃ、4本は「よんぽんですか、よんほんですか、それともよんぼんですか」と尋ねてきます。

わたし達日本人は自然に使っていますが、数の数え方もやっかいですね。

日にちを数える時は、「ついたち、ふつか、みっか.・・・」

椅子を数える時は、「一脚、二脚」

車は、「一台、二台」動物は「一匹、二匹」

でも大きな動物は「一頭、二頭」なかなかややこしい。

 

英語の“I “を日本語にすると、「わたくし、わたし、ぼく、おれ、わし・・」

英語はその点便利ですね。全て“I”で済むのですから。

この簡単明瞭な“I”を日本語にするときにはその人物のキャラクターに合わせて訳す必要がありますね。

荒々しい人が「わたくし」とは言わないでしょうから、「おれ」とする方が自然でしょう。

同じく“you”もそうですね。「あなた、あんた(大阪)、貴様、おたく、君、おまえ・・・」

 

さて、英語と日本語どちらがむずかしいでしょうか。もちろんこれだけで判断できないですね。

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULは常時生徒募集しております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.