寝屋川市の英会話教室から世界へ向けて発信
Header

英会話教室をしていますと、「この日本語を英語にするとどうなりますか」と聞いてくる生徒さんがいます。

時には、非常に英語にするのが難しいものがあります。たとえば、「よろしくお願いします。」という日本語です。

普段頻繁に使うこの表現が厄介なのです。

新入社員はこの表現を会社のいたるところで使います。

 

そもそもこの表現の背後には、「新入社員ですので、わからないことがあれば教えてください。」とか

「もし間違いをしても大目にみてくださいね。」というような意味が含まれています。

これは日本人独特の甘えであり、英語圏ではこのような発想はあまりありません。

ですから、英語にすることが難しいと言えます。つまり、この言葉にぴったりの英語は存在しないのです。
仮に日本の会社で仕事が忙しくてどうにもならない時同僚に話すなら、

その同僚は、「じゃ、代わりに僕がやっておこうか」と言うかもしれません。

仕事が忙しいと言った人もどちらかと言うと、その返事を期待しているときもあるのです。

もし、その相手が英語圏の人なら「だからどうしたの(So What?)」という感じになるかと思います。

つまり、日本人のほのかな期待を全く意に介さないことがあるです。

もしお互い英語圏の人なら直接、「明日忙しいから、代わりにしてくれない?」と言うのではないでしょうか。

日本人はこのように言えば、相手はこのように答えてくれるだろうという甘えがあるのです。

それが、英語圏では誤解を招くことになります。

 

このようなことが分かっているつもりでも失敗することは多々あります。

以前、7人の生徒さんや知り合いとニューヨークに行く機会がありました。

ニューヨークに行くのはその時初めてで、できるだけ皆さんに心地良い旅をしていただければと願って日本を発ちました。

ニューヨークにある大きな施設を見学することにもなっていて、

ホテルからその施設まではタクシーか地下鉄かのどちらかで行くしかありませんでした。

ガイドブックなどを読むと、タクシーで行くとかなり渋滞がひどいとあり、

地下鉄は安全性に少し欠けるのではないかと思えるところがありました。

それで、どちらの手段で施設に向かうのが良いか確認しようと思いその施設に電話をしてみました。

心の中で、タクシーの方がいいよとか、地下鉄の方が以外と安全で時間通りに到着するよ

と言ってもらえるのではないかと期待しながら、お尋ねしました。

で、その答えは「それは君が決めることだよね。」との返事。

思わず、「Yes, that’s right. Thanks」と言って電話を切りました。

バリバリの日本人をしている自分に気づいて笑いが止まりませんでした。

 

 

寝屋川市にある英会話教室JOYFULでは、随時生徒募集中です。

四条畷駅から徒歩圏にあり、門真、大東からもアクセスの良い立地。

お気軽にお問い合わせください。

  以前、外資系企業に勤めていましたが、会社内部で英語の訓練がありました。

単なる英会話だけではなく、英語で上司を説得する方法やビジネスレターの書き方などのレッスンがありました。

さらに1か月間英語だけの訓練として、仕事を離れて社会人ばかりの英語教室。

というより、英語特訓所のようなところにも行く機会がありました。

 

その訓練所には宿泊施設もあり、日本語は一切話すことができません。

朝食は8時から食堂でとることができますが、4人掛けのテーブルに必ず一人のネイテイブが座り、

一緒に英語で会話しながらの食事となります。昼食や夕食も同じスタイルで英語を交えての食事となります。

朝食時は頭がまだ回転していないので、会話はなかなか弾みません。

 

午前中は一般的なレッスン、

午後は少しリラックスして映画を見ながらその会話を分析するような楽しいレッスン、

夜はなぜかビジネス英語でした。

この授業の時にはかなり疲れが出て、集中力にも欠けますが、レッスンは夜の8時まで続きました。

 

 

ここに来る生徒さんはすべて大人でどこかの企業で働き、近い将来外国へ行く人がほとんどです。

あまり英語が得意でない方もいて、来月外国に赴任する方などは悲壮にさえ見えました。

授業でプレゼンテーションなどがあると、もう皆さん必死になって夜も準備に励んでいました。

その中で私は自分の会社に戻るだけなので、のんびりと英語を楽しませてもらいました。

 

午後の一番リラックスできる、私にとっては一番面白い授業が終わった時でのことでした。

 

ある生徒が“I’m boring.”と先生に言ったのです。

その時先生は間髪を入れず、“Yes, you are boring.”と言ったのです。

 

おそらくその生徒は、大胆にも先生のこの授業が「面白くない、退屈だ」と言いたかったのかと思います。

先生もそれはわかっていたと思います。

ふつうなら自分の授業が退屈だと言われたら、ちょっと落ち込むのが日本人でしょうが、この先生は違っていたのです。

 

すぐさま切り返したのです。「そう、君は退屈な人間だよね」と。

お見事!

 

ところが、その生徒はこの英語を理解しておらず、自分の言ったことの間違いにも全く気付かず終わってしまいました。

この生徒は “I’m bored” と言うべきところを”I’m boring” と言ってしまったのです。

 

通常、This class is boring. でしょうか。

似たような表現として、I’m excited. とThis game is exciting.

また、I’m interested.  This book is interesting. などがあります。

主語に物が来たときには、-ing.  人が主語の場合 -ed となります。

ちょっとしたことに見えるかもしれませんが、一字違いで意味は大きく変わることがあるのです。

 

 

ちなみに、この先生はその生徒に “Yes, you are boring” と言ったあと、

私に向かってスマイルを送ってきたのを覚えています。

 

ENGLISH HOUSE JOYFUL は寝屋川、四条畷、門真、大東からアクセスしやすい場所にあります。

英会話を含め、英語、文法など基礎から英語を理解したい方も大歓迎です。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

もう聞きたくない “Never Mind”

3月 28th, 2014 | Posted by webmaster in 代表者のつぶやき - (もう聞きたくない “Never Mind” はコメントを受け付けていません。)

大阪の四条畷市と大東市に隣接する寝屋川市に英会話教室を開いていますが、開校よりもっともっと前の話です。

 

学生時代にまでさかのぼりますが、初めてアメリカに行った時のこと、あるアメリカ人家庭にお世話になりました。

そこにはご夫婦とお子さん4人が同居していました。

18歳の男の子、16歳の女の子、14歳の男の子そして12歳の女の子でしたが、

この14歳の男の子と12歳の女の子がなかなか手ごわく、と言ってもこの子たちの話す英語を聞き取るのに四苦八苦、

悪戦苦闘したということです。

容赦なく浴びせかける英語は速さだけでなく、

スラングやリエゾン(発音の変化、発音が連続して別の単語とくっついて別の言葉に聞こえる)が満載されていて、

とてもじゃないけどついて行けない、という情けない状況でした。

 

この子たちは冗談でMasaichi (私の名前)is turkey. とかMasaichi is moron.(モーラン) などと言うのですが、

その当時は「あほ、バカ」といえば“foolish”、” stupid” ぐらいしか知らず、初めは何のことかわかりませんでした。

ただ、褒められているのではないなとは感じていました。

しばらくして意味が分かってからも別に腹が立つわけでも、不快になることもなく、「へえー、こんな言葉があるんだ。」と感心したものです。

 

しかし、そうこうしているうちにどうしても聞きたくない言葉が出てきました。

 

この二人は遠い所から来た日本人にそれなりに配慮というか、気遣いのようなものを払ってくれていたと思います。

ある意味辛抱強いとも言えるかもしれません。

私がこの子たちの言ったことがわからず、”Pardon”「もう一度言って」というと繰り返してくれます。

しかし、早口で話すし、表現も易しい言葉に置き換えることもなく、この点では全く配慮がなく、容赦してくれないのです。

それでまたもや”Pardon”と言わざるを得なくなります。しかし、やはりロボットのように同じ口調で繰り返してくれるのです。

何と優しく、親切なお子さんたちでしょうか? しかし、まだわからない。

何とか聞き取りたいと思い、もう一度勇気を出して、”Pardon” というと、ついにこの子たちは言うのです。

 

”Never mind”

 

辞書によると、「心配しないで」とか「大丈夫」と訳されているのですが、

彼らの”Never mind”は「もうわからなかったらいいよ」とか「いい加減にしたら」と言っているのです。

この言葉は”turkey”や”moron”よりはるかに私にはきつく、いわば私を谷底に突き落とすようなものです。

この子たちは飼っている犬に話しかけますが、犬はこの子たちの言う事がわかっているらしいのです。

つまり、私は犬より聞きとれないことになります。

 

その一方で、この”Never mind”は私を奮起させる言葉でもあったのです。

 

 

Easy Peasy Lemon Squeezy(イージイ ピージイ レモン スクウイージイ)

3月 28th, 2014 | Posted by webmaster in 代表者のつぶやき - (Easy Peasy Lemon Squeezy(イージイ ピージイ レモン スクウイージイ) はコメントを受け付けていません。)

皆さんもこのフレーズはご存知かと思います。Easy Peasy だけの場合もあります。

 

このフレーズを聞いたのは、私の英会話教室に来ている小さなお子さんからでした。その当時、4,5歳だったかと思います。

その子はインターナショナルスクールに通っていて、なおかつ私の寝屋川にある英会話教室にも来てくれています。現在もそうです。

その子は学校のネイテイブの先生から聞いたようです。教えてもらったというよりは、何かの拍子に先生が使ったのかもしれません。

このフレーズはスラングなので私自身、それまではさほど使ってはいませんでした。

この子が使ってからはつい語呂がいいものですから、時々使うようになりました。

 

もともと、イギリスの洗剤会社がEasy Peasy のフレーズを使ってコマーシャルをした時に、

そのコマーシャルに出ていた子供がEasy peasy lemon squeezy と言ったところからlemon squeezy がくっついたらしいです。

 

先日、たまたまある映画を見ていたところ、この言葉が出てきました。しかも2回出てきたのです。

この映画は過去に何度か見ていた映画ですが、以前に見たときには全く気付かずに聞き流していたようです。

一つ一つの単語はこれほど簡単なのに、聞き逃していたのです。

今回はEasy Peasy を認識あるいは意識しているか、ひょっとして私自身の中に定着していたのかもしれません。

それでこのフレーズを聞いた時に、いとも簡単に聞き取れたのだと思います。

逆に言えば、どんなに簡単なフレーズや単語であっても自分にとってなじみのないものは聞き取れない、

つまり耳が受け付けないということになります。

 

このことから自分の知らない単語は聞き取れないという鉄則が実証できたかなと思います。

ですから、できるだけ多くの単語や表現を知っておく方がいいと言えます。

時々、英語のCDなどを聞いていて、しかも初めて聞いていて、「今流れていた何々という単語はどういう意味ですか」、

と聞いてくる人の耳はすごい!その単語自体は聞き取れたわけですから。

小さな子供は意味の分からない単語やフレーズをいとも簡単に聞き取り、その意味を聞いてくることはあるにしても、

大人が知らない単語を聞き取るのは至難の業なのです。

 

ちなみに、Easy peasy. は「ものすごく簡単」という意味です。Lemon squeezyがついても同じ意味です。

語呂が良ければいろいろ作れるので、作ってみてはいかがでしょうか。

たとえば、Easy peasy mashed potato. とかEasy peasy banana peeled .などはいかがでしょうか?

 

寝屋川市の英会話教室ENGLISH  HOUSE JOYFUL にて楽しく英語を学びませんか?

お問い合わせは こちらから どうぞ