寝屋川市の英会話教室から世界へ向けて発信
Header

英語と日本語、どちらがむずかしいの?

 

時々「英語と日本語はどちらが難しいですか?」と聞いてくる方がいます。

さて、どちらでしょうか。皆さんはどう思われますか。

 

英語で一杯のコーヒーと言う時は “ a cup of coffee”, “ a glass of coffee”と言います。

ほかにも一枚の紙や一本のチョークは “ a sheet of paper” “ a piece of chalk”と言います。

また、花のような束になっているものやブドウ2房などは

”a bunch of flower”, “ two bunches of grapes” と言います。ごみの山は

“ a pile of rubbish” などなど。これが結構大変だという方もいます。

 

では、日本語はどうでしょうか。外国の方に日本語を教えている場面を思い描いてください。

ペンの数え方を教えます。1本のペンをテーブルの上において

これは「いっぽんのペン」と教えます。

今度2本並べます。生徒が、わかりました、「にっぽんのペンです」と言います。

いいえ、これは「にほんです」と教えます。

次に3本並べてると生徒は「さんほんですか」といいます。

いいえ、「さんぼんです」と教えます。

じゃ、4本は「よんぽんですか、よんほんですか、それともよんぼんですか」と尋ねてきます。

わたし達日本人は自然に使っていますが、数の数え方もやっかいですね。

日にちを数える時は、「ついたち、ふつか、みっか.・・・」

椅子を数える時は、「一脚、二脚」

車は、「一台、二台」動物は「一匹、二匹」

でも大きな動物は「一頭、二頭」なかなかややこしい。

 

英語の“I “を日本語にすると、「わたくし、わたし、ぼく、おれ、わし・・」

英語はその点便利ですね。全て“I”で済むのですから。

この簡単明瞭な“I”を日本語にするときにはその人物のキャラクターに合わせて訳す必要がありますね。

荒々しい人が「わたくし」とは言わないでしょうから、「おれ」とする方が自然でしょう。

同じく“you”もそうですね。「あなた、あんた(大阪)、貴様、おたく、君、おまえ・・・」

 

さて、英語と日本語どちらがむずかしいでしょうか。もちろんこれだけで判断できないですね。

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULは常時生徒募集しております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

はっきりしない日本語?

 

 

日本語は英語と違って主語がはっきりしない場合があります。

というより、主語がなくても自然に理解できる場合がほとんどです。

英会話を習い出した初心者の中には、日本語をそのまま英語に変換しようとする方がいます。

たとえば、「彼女は毎日どこに行きますか」と聞かれて「学校に行きます」。

この答えの部分を“School goes”と言うような英語にしてしまうのです。

“She”が出てこないのです。

確かに日本語では、「行ってきます」「ただいま」とか

「いただきます」でいちいち主語を明確にする必要はないのです。

このように主語を明確にできない方は、

頭の中がかなり日本語的になってしまっているのかもしれません。

 

 

日本語をそのまま英語に変換すると妙なものはたくさんありますね。

昔、何かのコマーシャルで「ビーフかチキン」どちらにするかを

フライトアテンダントが乗客に尋ねています。

乗客は“I am chicken”と答えます。

日本語では「私はチキンで」ということになるのでしょうが、

急に乗客にトサカがついているように見えてしまいそうですね。

 

 

他にも「そろそろお昼にしましょうか」「お湯沸かしといて」などもそのまま英語にしにくいかもしれませんね。

 

ただ、英語でも主語を言わないときもあります。

「窓を開けてくれますか」「こっちに来て!」と言うように命令文には英語も主語は入りません。

普通目の前にいる人に向かってお願いしたり、命令したりするので、

いちいち主語をはっきりする必要がないのでしょう。

 

 

そもそも英語は自己主張をする国民性からきていますので、

しっかり主語を打ち出すのが基本となっています。

はっきりした責任がだれに、またどこにあるのかをうやむやにする

日本語とは違うことを覚えておかなければなりません。

ぼんやりとはっきりしない方が美徳とされる日本語を横において英語にトライしましょう!

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULは随時生徒募集中です。

お気軽にお問い合わせください。

どうすれば英語は通じるの?

 

前回の続きです。では、どうすれば英語は通じるのか、考えてみましょう。

英語を話したい、何とかして通じさせたいと思うあまりアウトプットばかりに気を配る人がいます。

確かに音読は大切です。シャドーイングもいい勉強法ですが、その前にすることがありませんか?

音読と並行して行なうのが良いのは

デイクテーションです。

聞こえた音をひたすら書き取っていくのです。

まずは、1分ぐらいの長さの英文を聞きます。

その文章の一文一文をもれなく書き写すのです。

実際に1分の文を書き写すのに、15分ぐらいかかるかもしれません。

一文の中に、聞き取れない単語があれば何度も何度も繰り返し聞きます。

何度聞いてもわからないところはとりあえず、空白にしておきます。

文脈も考えその単語を推測することも必要です。

 

たとえば、メイジャーと聞こえる部分があって、文脈からも推測できない、

いったいメイジャーてなんだろうと考えるその時が非常に大切と言えます。

真剣に聞き取ろうとすることによって、聞き取り力はぐんーと伸びるのです。

そしてメイメジャーが made your だとわかった時に、

そうかmade your はメイジャーなんだと認識するのです。

これだけではまだ不十分です。

今度はその音をまねるのです。

I made your tea. であれば アイ メイジャーテイー

のような感じです。

前にも言いましたが、自分が発音できない音、あるいは自分が発音しない音は聞こえないのです。

ふだんからメイジャーと言っていればその音は聞き取れるのです。

このように地道に英語の音を書き取って、音を認識し、それをまねることによって話せるようになるのです。

つまり、ネイテイブスピーカーともコミュニケーションがとれるのです。

 

こまめにこの過程を繰り返していると、英語の癖のようなものが分かってきます。

単語の語尾が発音されない場合がいかに多いかに気づくことでしょう。

during のgはほとんど発音されない、about, don’t ,but などのtもあまり発音されないと気付くのです。

would のdも音として聞こえてこない。

 

しかし、外国人の口を見ると、発音している口をしているのです。

ただ音が聞こえないのです。聞こえなくても単語としての間はあるのです。

 

デイクテーションを十分せず、文字を先に見てしまうと、アイ メイド ユア テイと発音してしまうのです。

不思議ですね。ここからスタートするといくら音読をしていても、

シャードイングが得意なつもりでも実際の英語とはかけ離れた自分流の英語を発音しているのです。

それは、いわば通じにくい英語となってしまっているのです。

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは常時生徒募集中です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

英語は通じさえすればいいと考える人は多くいるかもしれません。

確かにそうかもしれません。本当に通じればそれに越したことはありません。

 

以前、ハワイに行った時のことですが、ビーチでコーヒーを注文している日本人が私の前にいました。

たった一杯のコーヒーを注文しようとするのですが、なかなか店員はわかってくれません。

“What ? ” と言われますます、委縮してしまった日本人男性は声が小さくなり、

なんとか「コーヒー」とだけ言うのですが、残念ながら通じません。

挙句の意果てに、店員から「コーク?」と言われ、その男性は「イエス」と答え、コーラをしぶしぶ手にしてビーチに戻っていきました。

たった一言の単語が通じなかったのはなぜでしょうか

“coffee”のfの発音に問題があったようです。下唇をかまずに発音していたのです。

 

やはりハワイでのことですが、日本人がマクドナルでオレンジジュースを頼んでいます。なかなか通じません。

これはアクセントが問題であったようです。

オレンジジュースのオは強く発音する必要があります。これもたった一言の英語が通じない例です。

 

時々、「英語を話すことができますが、聞くことは苦手なんです」と言う方がいます。

本当に話せているのでしょうか。

確かに中学校で習う程度の英語でも話はできます。

それに日本人には日本人の英語、フイリピンに行けばフイリピンなまりの英語があって良いかと思います。

しかし、英語を聞けない人が話す英語とはどういうものでしょうか。

英語らしくない英語になってしまうのではないでしょうか。

話すことはできると思っていても、かろうじてわかってもらえる、

それか相手が相当集中して聞いてくれて、わかってくれているのです。

日本人には一つ一つの単語を明瞭に発音する癖がありますが、英語には語尾を発音しなかったり、

次の単語につなげるために明瞭さに欠ける場合があります。

そのような特徴を知らずに話していたら相手に非常に通じにくくなるのです。

 

ですから、英語は通じればいいのだ、と思っている方で聞き取りが苦手な方は、

まずしっかり聞き取りの訓練をして英語の持つ独特の特徴をできるだけまねるようにされるといいかと思います。

 

外国人になったつもりで話すのです。当たり前ですが、私たちは外国人にはなれません。

しかし、できるだけ彼らの発音の仕方を習得した時、また一つステップアップすることができることでしょう。

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは随時生徒募集中です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

近所の年配女性がたまたま外国の方と知り合いになって、家に来るように誘われました。

その時「コーヒー、いかがですか」と言われ、「結構です」と断ったそうです。

ところが、家から出てくると「普通はもう一度コーヒーいかがって言うんじゃないの」とかなり憤然とした様子で話していました。

この年配女性はもう一度すすめられたら、「いただくわ、ありがとう」と言うつもりだったのでしょうね。

外国の人はいやだという人に無理に何かを勧めたりはしません。

日本人独特の謙遜さが逆にあだになったとでもいうのでしょうか。

 

今の若い人たちは言わないと思いますが、昔の人は自分の妻や息子を他の人に紹介するとき、

「これは愚妻です」とか「愚息です」と言ったようです。

英語にすると“This is my foolish wife” や”This is my turkey son” となるのでしょうが、

こんなことを西欧人に言えば、それこそこちらの人間性が疑われてしまします。

 

贈り物をするときに日本人は「つまらないものですが、どうぞ」と言います。

つまらないとわかっている物をあえてプレゼントする日本人の感覚は何だろうと外国の方は思うに違いありません。

 

普通、何か褒めて頂いた時には「お褒めの言葉をいただき、ありがとうございます」と言いますが、

英語でも“Thank you for your compliment”と言います。

特に、ビジネスの世界などでは全く問題ないのですが、この” compliment”が誤解を招くこともあります。

私が学生の時、身に着けているスーツを褒めて頂いたことがります。私が着ているスーツを見たアメリカ人女性が

” Oh, nice suit!”とほめてくれました。

そこで間髪を入れず、”Thank you for your compliment”と言ったところ、

女性は” No, not compliment”と返してきました。

つまり、この時の” compliment”は「お世辞」になります。

彼女は「お世辞じゃないよ、ほんとにかっこいいよ」と言ってくれたことになります。

では、その時の私は褒め言葉かお世辞のどちらのつもりで”Thank you for your compliment”と言ったのかと言いますと、

実は「お世辞」と言う意味でこの表現を使っていました。ですから、彼女の言葉はぴったりだったのです。

 

「愚妻、愚息」は別にして、日本人のちょっと控え目な表現も日本人同士なら必要だと感じています。

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは常時生徒募集中です。

JR四条畷駅から徒歩圏にして、門真、大東からもアクセスの良い場所にあります。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

ときおり英会話の授業中にDon’t you ~? という表現を使います。

例えば、Don’t you like cakes ? と尋ねますと、No. と答えが返ってきます。

念のために今度はDo you like cakes ?と尋ねますと今度はYes, I do. と返事をしてきます。

ここでどっちなんだ、と思うわけです。

Don’t you~ ?もDo you ~?も同じ答えになるはずです。

ところが違う答えになってしまうのはなぜでしょうか。

 

おそらく頭の中でこの質問を日本語に変換してしまっているのではないでしょうか。

「ケーキは好きじゃないんですか」と。

この日本語の質問に日本語で答えるなら、

「いいえ、大好きですよ」とか「はい、好きじゃないんです」となり、ごくごく自然ですが、ここが問題ですね。

この日本語をさらに英語に直訳すると“No, I do” とか” Yes, I don’t” となるのでしょうか。

こんな英語はありません。

日本人の英語を学びだした方の大半がDon’t you~? の質問に正しく答えることができません。

付加疑問文もYou like cakes , don’t you ? は何とか答えられても

You don’t like cakes , do you? となると正解率がどんと下がってしまいます。

 

ついでながらDo you mind If I sit here? やDo you mind my sitting here?

などの質問にも正しく答えることができない場合があります。

「はい、座ってもらっていいですよ」と言うつもりで” Yes, I do” と答えがかえってきます。

この” Do you mind~?”の文は普通「~してもいいですか」と日本語にしますが、

直訳すると「私がここに座ればあなたは気にしますか」となります。

ですから、”Yes, I do.” と言えば、「あなたが座れば気にします」と言うことになって、

質問した人はそこには座れなくなってしまうのです。

これは”mind”という単語が良く理解できていないことが原因でしょね。

それで、難しく感じる方には“Yes”, “No”で答えるのではなく、

”Please go ahead”とか単に” please” と答えるように勧めています。

 

いずれにしても、頭の中から日本語が離れないと、

いたるところでブレーキがかかり、なかなか先に進みにくくなります。

英語で話す時には英語の頭を作くり、ギアーチェンジが必要ですね。

 

 

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは常時生徒募集しております。

四条畷駅から徒歩圏、門真、大東からもアクセスの良い場所にあります。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

当英会話教室で自由に英語で話をしてもらいますと、

ときおり面白い英語、いや正確には日本語ですが、飛び出してきます。

例えば、I went to Viking last night. とか I like shoe cream. などです。

 

街にはカタカナ英語があふれていますが、その中にはいくつかのタイプがあるように思います。

本来英語でありながら、発音だけが日本語的になっているもの。

そして、英語では全く存在しないようなものを日本人が英語らしく作ったもの。

また、英語では存在するものでありながら全く英語とはかけ離れた和製英語、

日本人はときおりそれが本当の英語と思っている場合があります。

 

本来英語でありながら、発音だけが日本的になっているものとして、

アレルギー、エネルギー、ビタミン、ウイルスなどがあり、それぞれ英語では

allergy(アルジー)、energy(エナジー), vitamin(ヴァイタミン)、virus(ヴアイアリス)となります。

所詮カタカナで書くのは無理があるのですが。

日本にいる外国の方には、virusをウイルスやビールスと言っても通じてしまうことがありますが、

どちらかというとこの種の和製英語が一番厄介かもしれません。

日本人が真面目な顔をしてアレルギーといえば言うほど、外国の方は混乱してしまいます。

まして、この和製英語以外のフレーズが、そこそこまともな英語であればあるほど、外国の方は困ってしまうのです。

 

そして英語では存在しないものですが、英語的に見せかけて作った言葉として、

アメリカンコーヒー(うすいコーヒー)、モーニングサービス(喫茶店の早朝サービス)などがあります。

外国でモーニングプリーズと言えば、What? と言われてしまうことでしょうね。

 

さらに面白いのが、れっきとした英語があるにも関わらず、

どちらかというと、和製英語の方が美しく、センスのある言葉として映る場合があります。

もちろん、日本だけでの話ですが。

車のバックミラーは子供のころからバックミラーと思っていましたが、そうではなく、

Rear-view-mirrorと知った時は思わず、バックミラーの方がいいのに、と叫んだものです。

その一方、ではリヤカーは英語なのか、と頭をよぎったものです。

Rear car(リヤカー)は正真正銘の和製英語です。

もっとも今の若者はリヤカーと言ってもわからないでしょうが。

 

野球で使うナイターはどうでしょうか。

Night game よりスマートと思いませんか。

しかし、いくら感じの良い和製英語でも残念ながら外国では通用しませんね。

 

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULは四条畷駅から徒歩圏にあり、門真、大東からもアクセスの良い立地にあります。

随時生徒募集中ですので、お気軽にお問い合わせください。

英会話教室をしていますと、「この日本語を英語にするとどうなりますか」と聞いてくる生徒さんがいます。

時には、非常に英語にするのが難しいものがあります。たとえば、「よろしくお願いします。」という日本語です。

普段頻繁に使うこの表現が厄介なのです。

新入社員はこの表現を会社のいたるところで使います。

 

そもそもこの表現の背後には、「新入社員ですので、わからないことがあれば教えてください。」とか

「もし間違いをしても大目にみてくださいね。」というような意味が含まれています。

これは日本人独特の甘えであり、英語圏ではこのような発想はあまりありません。

ですから、英語にすることが難しいと言えます。つまり、この言葉にぴったりの英語は存在しないのです。
仮に日本の会社で仕事が忙しくてどうにもならない時同僚に話すなら、

その同僚は、「じゃ、代わりに僕がやっておこうか」と言うかもしれません。

仕事が忙しいと言った人もどちらかと言うと、その返事を期待しているときもあるのです。

もし、その相手が英語圏の人なら「だからどうしたの(So What?)」という感じになるかと思います。

つまり、日本人のほのかな期待を全く意に介さないことがあるです。

もしお互い英語圏の人なら直接、「明日忙しいから、代わりにしてくれない?」と言うのではないでしょうか。

日本人はこのように言えば、相手はこのように答えてくれるだろうという甘えがあるのです。

それが、英語圏では誤解を招くことになります。

 

このようなことが分かっているつもりでも失敗することは多々あります。

以前、7人の生徒さんや知り合いとニューヨークに行く機会がありました。

ニューヨークに行くのはその時初めてで、できるだけ皆さんに心地良い旅をしていただければと願って日本を発ちました。

ニューヨークにある大きな施設を見学することにもなっていて、

ホテルからその施設まではタクシーか地下鉄かのどちらかで行くしかありませんでした。

ガイドブックなどを読むと、タクシーで行くとかなり渋滞がひどいとあり、

地下鉄は安全性に少し欠けるのではないかと思えるところがありました。

それで、どちらの手段で施設に向かうのが良いか確認しようと思いその施設に電話をしてみました。

心の中で、タクシーの方がいいよとか、地下鉄の方が以外と安全で時間通りに到着するよ

と言ってもらえるのではないかと期待しながら、お尋ねしました。

で、その答えは「それは君が決めることだよね。」との返事。

思わず、「Yes, that’s right. Thanks」と言って電話を切りました。

バリバリの日本人をしている自分に気づいて笑いが止まりませんでした。

 

 

寝屋川市にある英会話教室JOYFULでは、随時生徒募集中です。

四条畷駅から徒歩圏にあり、門真、大東からもアクセスの良い立地。

お気軽にお問い合わせください。

  以前、外資系企業に勤めていましたが、会社内部で英語の訓練がありました。

単なる英会話だけではなく、英語で上司を説得する方法やビジネスレターの書き方などのレッスンがありました。

さらに1か月間英語だけの訓練として、仕事を離れて社会人ばかりの英語教室。

というより、英語特訓所のようなところにも行く機会がありました。

 

その訓練所には宿泊施設もあり、日本語は一切話すことができません。

朝食は8時から食堂でとることができますが、4人掛けのテーブルに必ず一人のネイテイブが座り、

一緒に英語で会話しながらの食事となります。昼食や夕食も同じスタイルで英語を交えての食事となります。

朝食時は頭がまだ回転していないので、会話はなかなか弾みません。

 

午前中は一般的なレッスン、

午後は少しリラックスして映画を見ながらその会話を分析するような楽しいレッスン、

夜はなぜかビジネス英語でした。

この授業の時にはかなり疲れが出て、集中力にも欠けますが、レッスンは夜の8時まで続きました。

 

 

ここに来る生徒さんはすべて大人でどこかの企業で働き、近い将来外国へ行く人がほとんどです。

あまり英語が得意でない方もいて、来月外国に赴任する方などは悲壮にさえ見えました。

授業でプレゼンテーションなどがあると、もう皆さん必死になって夜も準備に励んでいました。

その中で私は自分の会社に戻るだけなので、のんびりと英語を楽しませてもらいました。

 

午後の一番リラックスできる、私にとっては一番面白い授業が終わった時でのことでした。

 

ある生徒が“I’m boring.”と先生に言ったのです。

その時先生は間髪を入れず、“Yes, you are boring.”と言ったのです。

 

おそらくその生徒は、大胆にも先生のこの授業が「面白くない、退屈だ」と言いたかったのかと思います。

先生もそれはわかっていたと思います。

ふつうなら自分の授業が退屈だと言われたら、ちょっと落ち込むのが日本人でしょうが、この先生は違っていたのです。

 

すぐさま切り返したのです。「そう、君は退屈な人間だよね」と。

お見事!

 

ところが、その生徒はこの英語を理解しておらず、自分の言ったことの間違いにも全く気付かず終わってしまいました。

この生徒は “I’m bored” と言うべきところを”I’m boring” と言ってしまったのです。

 

通常、This class is boring. でしょうか。

似たような表現として、I’m excited. とThis game is exciting.

また、I’m interested.  This book is interesting. などがあります。

主語に物が来たときには、-ing.  人が主語の場合 -ed となります。

ちょっとしたことに見えるかもしれませんが、一字違いで意味は大きく変わることがあるのです。

 

 

ちなみに、この先生はその生徒に “Yes, you are boring” と言ったあと、

私に向かってスマイルを送ってきたのを覚えています。

 

ENGLISH HOUSE JOYFUL は寝屋川、四条畷、門真、大東からアクセスしやすい場所にあります。

英会話を含め、英語、文法など基礎から英語を理解したい方も大歓迎です。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

もう聞きたくない “Never Mind”

3月 28th, 2014 | Posted by webmaster in 代表者のつぶやき - (もう聞きたくない “Never Mind” はコメントを受け付けていません。)

大阪の四条畷市と大東市に隣接する寝屋川市に英会話教室を開いていますが、開校よりもっともっと前の話です。

 

学生時代にまでさかのぼりますが、初めてアメリカに行った時のこと、あるアメリカ人家庭にお世話になりました。

そこにはご夫婦とお子さん4人が同居していました。

18歳の男の子、16歳の女の子、14歳の男の子そして12歳の女の子でしたが、

この14歳の男の子と12歳の女の子がなかなか手ごわく、と言ってもこの子たちの話す英語を聞き取るのに四苦八苦、

悪戦苦闘したということです。

容赦なく浴びせかける英語は速さだけでなく、

スラングやリエゾン(発音の変化、発音が連続して別の単語とくっついて別の言葉に聞こえる)が満載されていて、

とてもじゃないけどついて行けない、という情けない状況でした。

 

この子たちは冗談でMasaichi (私の名前)is turkey. とかMasaichi is moron.(モーラン) などと言うのですが、

その当時は「あほ、バカ」といえば“foolish”、” stupid” ぐらいしか知らず、初めは何のことかわかりませんでした。

ただ、褒められているのではないなとは感じていました。

しばらくして意味が分かってからも別に腹が立つわけでも、不快になることもなく、「へえー、こんな言葉があるんだ。」と感心したものです。

 

しかし、そうこうしているうちにどうしても聞きたくない言葉が出てきました。

 

この二人は遠い所から来た日本人にそれなりに配慮というか、気遣いのようなものを払ってくれていたと思います。

ある意味辛抱強いとも言えるかもしれません。

私がこの子たちの言ったことがわからず、”Pardon”「もう一度言って」というと繰り返してくれます。

しかし、早口で話すし、表現も易しい言葉に置き換えることもなく、この点では全く配慮がなく、容赦してくれないのです。

それでまたもや”Pardon”と言わざるを得なくなります。しかし、やはりロボットのように同じ口調で繰り返してくれるのです。

何と優しく、親切なお子さんたちでしょうか? しかし、まだわからない。

何とか聞き取りたいと思い、もう一度勇気を出して、”Pardon” というと、ついにこの子たちは言うのです。

 

”Never mind”

 

辞書によると、「心配しないで」とか「大丈夫」と訳されているのですが、

彼らの”Never mind”は「もうわからなかったらいいよ」とか「いい加減にしたら」と言っているのです。

この言葉は”turkey”や”moron”よりはるかに私にはきつく、いわば私を谷底に突き落とすようなものです。

この子たちは飼っている犬に話しかけますが、犬はこの子たちの言う事がわかっているらしいのです。

つまり、私は犬より聞きとれないことになります。

 

その一方で、この”Never mind”は私を奮起させる言葉でもあったのです。