寝屋川市の英会話教室から世界へ向けて発信
Header

どうしてTomなの?

“Back to the Future”という映画の題名を聞いて

懐かしく感じる人も多いことでしょう。

あの映画の一場面で、主人公のMartyが過去に戻って、

自分の若い時の父親に遭遇します。

ふと木を見上げると、その木に登って腹ばいになり、

手には双眼鏡をもって何かを覗き込んでいる男に気づきます。

Martyはそこで“He’s a peeping Tom. Dad”と叫ぶわけです。

いわゆる「覗き屋」です。

ここで、どうしてTomなのか、という疑問が生じるのです。

AlexやBillとかClarkなんてどうなんでしょう。

11世紀のイギリスにはそれなりの理由があったようですが、

本当のところはいかがなものでしょうか。

 

そういえば、アメリカ人を招いて食事をしていた時、

テーブルに回転式の盆のようなものを置いていたら、

そのアメリカ人がこれをなんと呼ぶか知っているかと聞いてきました。

すかさず、“Lazy Suzan”と答えたのですが、

なぜSuzanなのでしょうか。

今から思うとどうしてSuzanの由来を聞かなかったのか、悔やまれます。

直訳すると「怠け者のスーザン」となります。

Lazyという言葉からすると

食事をするときに座ったまま自由にほしいものが取れるからだろうか、

と思ってみたりします。

そうなると、Suzanというのは食べている人を指すのでしょうか?

はたまた、その昔、Suzanというウエイトレスが接客に無頓着で、

その盆にいくつかの食事を置くことで、

できるだけ楽をしようとしたのかと。

しかし、本当のところはわかりません。

 

Johnという名も英語圏ではよくある名前ですが、

“I go to the John”と言えば、いったい私はどこに行くのでしょうか。

Johnさんにはちょっと気の毒な気もします。

Johnはトイレを意味するからです。

 

ここに挙げたTom, Suzan, Johnはいずれも、

どちらかというと、申し訳ないという感じですが、

きっと探せば、前向きな使い方をされる名前もあることでしょう。

 

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは随時生徒募集しています。

四条畷、大東、門真からもアクセスのよい場所ですので、

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

映画の題名を原題のままで素晴らしいものもあれば、

わけが分からないものもあります。

逆に見事に映画をイメージできる日本語の題名があります。

古い映画で今どきの人は知らないでしょうが、

「明日に向かって撃て!」という映画がありました。

原題はというと、

「Butch Cassidy and the Sundance Kid」。

もしこの原題のままであれば、どんな映画だろうと思ってしまいます。

どこか有名な企業の成功した二人の物語なんて思わないでください。

日本語の題名はその当時、「すごいな!」と思ったものです。

 

もう一つ古いので、なんと詩的な題名だろうと思ったのが、「愛と青春の旅立ち」です。

原題は「An Office and a Gentleman」。

全くイメージするものが違いますね。

邦題を見ると恋愛映画だろと思うでしょうし、

原題からは厳しい士官学校のイメージとなります。

 

「Back to the Future」はこのままでいいですね。

十分イメージできるし、想像力を掻き立てるものとなっていると思います。

日本語にするとむしろ台無しかな。

 

原題でも、邦題でもどちらでも通用するものもあります。

「美女と野獣」なんて原題「Beauty and the Beast」にしても学生にも問題なしでしょう。

原題も邦題も短くてわかりやすい、そのままですね。

 

さて、次の原題どのような邦題にしますか?

「The Notebook」

何か大学生が授業を聞けなかった人のために、

せっせと販売目的で授業ノートを取っているのでしょうか。

そのようなことを連想してしまうのは私ぐらいかもしれません。

いや、もっと文学的な作品だろうか?

邦題は「きみによむ物語」となっています。

なんと詩的な題名でしょう。

感動を引き起こす映画と感じとれるのではないでしょうか。

 

もう1本「最強のふたり」とう邦題です。

何か暴力的で刑事が走りまくる映画だろうと思うでしょうか。

実は、そうではなくヒューマンドラマなのです。フランス映画なのに

原題が「UNTOUCHABLE」と英語になっています。

フランス語映画の中で歴代1位のヒット作となったようです。

 

皆さんも意識されると面白いかもしれませんね。

まだまだあるでしょうが、この辺で

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは随時生徒募集しています。

四条畷、大東、門真からもアクセスのよい場所ですので、

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

大阪弁は英語に適している?

LCC(Low Cost Carrier),低価格航空会社というのでしょうか、

最近この種のジェットが結構飛び交っているようです。

私は残念ながら、LCCを利用したことがありません。

妻は母親の世話で、実家に戻ることが月に2回ほどあり、LCCを利用しています。

LCCのジェットでは誰も座席を後ろに倒さないようです。

座席と座席の間が狭くて、後ろの人が大変なのでしょう。

暗黙の了解で座席は直立。

 

その機内でこんな面白いことがあったというので聞いてみると、これがなかなか面白い。

妻が機内アナウンスを聞いていると、

なんとキャビンアテンダントが大阪弁でアナウンスした、というではありませんか。

大阪弁でアナウンスしているところを想像してみてください。面白くないですか?

 

東京生まれの妻は、おかしくてしょうがなかったというのです。

もちろん、大阪弁を馬鹿にしているという意味ではありません。

大阪弁の機内アナウンスを聞いたことがなかったからです。

そう言えば、私も機内で大阪弁でのアナウンスを聞いたことがありません。

それだけではなく、これまた面白いことに大阪に着陸する前のアナウンスで

「この便は関西空港到着後、すぐに台湾に向けて離陸します。

ごみはご自分で回収して、降り口付近にいるキャビンアテンダントに渡してください。」とのこと。

「ゴミを自分で回収する」のも聞いたことがありません。さすがLCCですね。

 

ところが、今度は英語でのアナウンス、

驚いたことにネイテイブ並みの素晴らしい英語が耳に飛び込んできたというのです。

大阪弁と日本人離れした、流れるような英語のギャップにまたもや、驚かされたようです。

 

考えてみると、大阪弁もかなり抑揚があり、平板で話す人などいません。

そういう意味では英語の抑揚は大阪人には、むしろ合っているのかもしれません。

 

このキャビンアテンダントはひょっとすると、外国での生活が長いが、

親は日本人、しかも生粋の大阪人かもしれない。

はたまた、大阪生まれだが、ほどなくして外国暮らしを余儀なくされたのかと、いろいろ考えてしまいます。

機会があれば、そのキャビンアテンダントに英語が流ちょうないきさつを聞いてみたいものです。

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは随時生徒募集しています。

四条畷、大東、門真からもアクセスのよい場所ですので、

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

英語は感覚でわかればいい?

 

先日、「日本人が書いたり、話したりする英語を見聞きしたときに、

何か妙だなと、感じることがあるのですが、それはおかしなことですか」

と聞かれました。さて、皆さんはどう思われますか。

 

学生のころ、スキーによく行ったものです。

あるとき雪国育ちの友達とスキーに行きました。

水を得た魚のように優雅に、時には力強く滑降する友を見て、

こんな風に滑れたらと思ったものです。

それで、その友達に滑り方を教えてほしいとお願いしたところ、

「それは無理だよ」とあっさり断られました。

そんなことを言わずに何とか教えて、と頼みましたが、やはりだめでした。

彼によると、小さいころからあまりにも自然に滑っているので、

どうやって滑るかなんて考えたことがない、というのが教ることができない理由でした。

 

その一方で、スキー教室に入校すると、インストラクターが手取り足取り、細かく教えてくれます。

もちろん、インストラクターの滑りも素晴らしいものです。

 

では、雪国育ちの友達は教えることができないのでスキーの技術がインストラクターより劣るということでしょうか。

一概にそうとは言えませんね。

 

以前にも何度か登場するインターナショナルスクールに通う少女、今や中学1年生になりましたが、

誰かが英語を話したりしたときに、その間違いが即座に分かります。

とはいえ、なぜ間違っているかを文法的に説明することはできません。

つまり、何かが違っている、違和感がある、

ネイテイブはそのようには言わない、ということになります。

私たち日本人が外国の方が話す日本語を聞いて、その間違いがわかっていても

文法的に説明しにくいのと似ているかもしれません。

 

TOEICのテストなどはスピードが関係しますので、

頭の中でいちいち文法的なことを考えていては間に合いません。

特に、1番の問題などは違和感のあるものを消去して解答していく必要があるかと思います。

雪国育ちの友のように理由をあまり考えずに問題を解く方が良いかもしれませんね。

 

しかし、教えることを職業にしているなら、当然順序立てた論理的な説明が出来る事が求められます。

スキーのインストラクターのようにです。

 

ですから、正確な知識に基づいた上で、より研ぎ澄まされた感覚で英語に触れることができれば

それは素晴らしいことだと思います。

 

逆に、知識不足のためにいわゆる感に頼るなら、偶然正し所に導かれたとしても

それはあくまでもカンに過ぎないということになるでしょうか。

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは随時生徒募集中です。

四条畷駅から徒歩圏にあり、大東市、門真市からもアクセスの良い場所にあります。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

英語は早くから学ぶと良い?

 

よく尋ねられることとして、「英語は子供が小さいうちから学ぶ方がいいでしょうか。」

そのように質問されると、「はい、そうですね」と答えます。

とはいうものの、週に1回1時間ほど英語教室に来て学ぶだけでは

劇的に上達するということはあり得ないことだと思います。

逆に大人になってから語学を学んで上達する方も多くおられます。

 

私の英語教室に3歳ぐらいから来ているお子さんがいます。

その子は前にもお話ししたかもしれませんが、

インターナショナルの幼稚園、小学校に通いました。

小学生の途中で少し事情があり、私立の小学校、

その学校の国際科に編入しました。

特にインタナショナルスクールに在籍しているときは、

先生がほとんどネイテイブだったため、

すべてのコミュニケーションは英語でした。

学校が終わってから、私の英語教室にほぼ毎日来て、宿題や付加的な勉強、

普通の小学生にはできないようなレベルの勉強を試行錯誤しながら行ないました。

宿題は山ほどあり、その中にはインターネットを使って情報を得ないとできないものや、

パワーポイントを使ってのプレゼンテーション、ライテイング、毎週1冊の割で原書を読むというのもありました。

聞く力、話す力、書く力、読む力などすべてこの小学校低学年の時期に築きあげられたと思います。

 

私立の小学校に編入してからは、何か目標を作ろうということで、とりあえず英語検定試験に挑戦することにしました。

3級、準2級、2級と順調に合格しました。

そして準1級に挑戦することになりましたが、準1級は1回では合格しませんでした。

 

小学生にとって何が難しかったのでしょうか。語彙と長文の内容につまずきの原因がありました。

英語での読書はしていたものの、内容は子供向けのものが多く、

英検に出るような政治経済、大人の一般常識的なものについての勉強に力を入れていませんでした。

楽しく勉強するのに、わざわざ興味をそそらない読み物に時間を取っていなかったのです。

おそらく日本語で書かれていても小学生には内容が理解できないものもあることでしょう。

語彙力もかなりあるとはいえ、時事ニュースに出てくるような語彙は不足していました。

その結果、不合格の通知を何度かいただくことになってしまったのです。

 

残念ながら、合格するためにはテスト問題に合わせた指導を行なうしかありません。

高校生に受験勉強のテクニックを教えるように試験に合格する指導に変えていきました。

 

そして、合格通知を手にすることができました。

 

リスニングに関しては、何度受験しても、ずば抜けたスコアーでした。

この部分は大人になってから勉強した人との大きな違いだと思います。

大人になってリスニング力を伸ばすのは並大抵ではないからです。

 

小さい時に、これほどの時間と労力をかけるなら、中学生ぐらいにはかなりの英語をこなせる子供になれるでしょうね。

 

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULLでは随時生徒募集しております。

四条畷駅から徒歩圏にあり、大東、門真からもアクセスのよい場所にあります。

どうぞお気軽にご連絡ください。

小休止その2

 

英単語を聞くと、そのものの大きさがわかる場合があります。

日本語では、生まれて数か月の猫は子猫と呼び、

大人の猫は何もつけずに猫と呼ぶのが普通ではないでしょか。

英語ではkittenとcatになります。犬はどうでしょうか。Puppyとdogとなるでしょう。

もともと同じ動物が若い時と大人になってから呼び方が変わることがあります。

 

しかし、そもそも種類が違うので呼び方が異なる動物もいます。

ratという単語は聞いたことがあるでしょうか。

ときどき地下鉄の構内などにいる大きなネズミで、ドブネズミなどと呼ばれています。

Mouseよりも大きいネズミです。

Mouseが子ネズミでratはmouse が大人になったということではありません。

どちらかというと別物扱いです。

辞書にはratは犬が取り、mouseは猫が取ると書かれています。

このことからもratは大きいとわかりますね。

ですから、ratから病原菌が広がっているといえば、あの大きなネズミから広がっていると想像できるのです。

 

ウサギはrabbitと言いますが、野ウサギとなるとhareと言われます。

これは大きさの問題ではありません。どこに住んでいるかが関係してきます。

 

世界でベストセラーと言われている本があります。

それは聖書と呼ばれる本ですが、その本のスタートのところに創世記と言われる箇所があります。

その中にヘビが、人間を唆す場面があります。

神が食べてはならないと言われた実を食べても大丈夫、神の言われることはウソだよと、と言って巧みにその実を食べさせてしまうのです。

そのヘビはsnakeかと思いきや、そうでなくserpentと記されています。

Serpentと聞いただけでこれは小さなヘビではないということが分かるのです。

Snakeよりはるかに大きいヘビなのです。

小さなかわいらしいヘビではなく、大きなヘビがエバに近づいたということになります。

 

英単語を聞いただけで、大きさや、特徴など即座にわかれば面白いですね。

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは随時生徒募集しております。

大東、門真、四条畷からもアクセスの良い場所にあります。

どうぞお気軽にお問合せください。

ちょっと面白いことが…..

 

2015年3月30日の今日、いや正確には昨日の16時ごろ、ちょっと面白いことがありましたのでお知らせします。

 

「ピーンポーン」と玄関のインターホンがなり、妻がそれに答えました。

相手は「ハロー」と言い、妻は日本人の友達が冗談でそんな風に言ったのだと思ったようです。

ところが、すぐ私の所に来て、玄関に「外国人がいる!」と一言。玄関までほんの数秒で行けるのですが、

その間「何かのセールだろうか」それとも「ここを英語教室と知って、教師として雇ってほしい」とでもいうのだろうかと考えながらドアを開けました。

 

「若いが悪そうではない」、と一瞬思い「ご用件は?」と尋ねると、

ここは「・・・・イングリシュハウスですか」と英語で尋ねてくる、手には携帯電話を握りしめて。

私の所は「イングリシュハウス・ジョイフル」ですが、彼が尋ねてきたのはイングリシュハウスの前に地名がついています。

何かおかしい。

それでどのような施設かと再び尋ねると、そこはユースホステルだといいます。

皆さんご存知でしょうか。宿泊施設で安く泊まれるので私も学生時代に利用したことがあります。

残念ながら、私の所はユースホステルではありません。

そのことを伝え、そのユースホステルの場所を尋ねると、携帯電話を私に見せ、その施設が枚方にあることが判明。

ネットで場所を調べ、最寄りの京阪線の駅まで、なんだったらそのユースホステルまで車で送ろうかと提案しました。

結局、そこでの宿泊はキャンセルして大阪方面に戻るとのこと。

私の家から一番近い駅はJRの四条畷駅で、

彼はそこからバックパックともう一つ大きな荷物を持って歩いて私の家まで来て、また同じように戻るらしい。

それで四条畷駅までさほど距離はないものの荷物が重そうなので、駅まで送ることになりました。

その短い時間でわかったことは、オーストラリアから日本に来て、3週間日本に滞在し、高野山や長野県の松本そして東京などに行き、友達に会うらしい。

オーストラリアのブリスベンに住んでいて、スーパーマーケットに勤め、3週間の休暇を取ってきたと。

日本なら仕事をしている人が3週間も休暇をもらうのは難しいね、と会話を続けました。

今回は日本に来るのは2日目だというので、北海道や沖縄は言ったことがあるのかと尋ねると、

「行ったことはない、でもいつか北海道には行きたい」と返事が返ってきました。

なぜかスキーの話しになり、オーストラリアでもスキーはタスマニアでできるが、ニュージランドにスキーをしに行く人が多いと。

そうこう話しているうちに、四条畷駅に到着。

そこで思い出したように彼は自己紹介をし、自分がサムという名前であること、そして私の名前を尋ねてきました。

名刺を渡し、それでお別れとなりました。

 

ほんの数分の出来事でしたが、ここで思ったことは、

いつ、なんどき英語を使う機会が降って来るかわからないという事です。

皆さんも実はけっこう英語に接する機会がありながら、

自分はできないということでそのような機会を逃しているのではないでしょうか。

このような機会に備えて是非英語を学んでみてはどうでしょうか。

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは随時生徒募集中です。

四条畷、門真、大東からもアクセスの良い場所です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

小休止

3月 26th, 2015 | Posted by webmaster in 代表者のつぶやき - (0 Comments)

 小休止

日本語でもあるでしょうが、英語の単語にも一つの単語を別の単語と組み合わせて別の意味になる言葉があります。おそらく山ほどあるでしょうが、いくつか挙げてみたいと思います。まずは“seacucumber”(海のキュウリ)とは何かと思われるのではないでしょうか。これは「ナマコ」です。好きな人は好きなんでしょうね。初めてこの言葉を知った時、まさにその通りだと思いました。次は“dragonfly”(竜のハエ)。恐ろしく大きいハエをイメージされるでしょうか。これは「トンボ」です。最近大きいトンボをみかけないのでちょっと寂しいです。さて、“bookworm”(本の虫)、この通り「本の虫、読書家」ですね。このように呼ばれている方もいるのでは。お次は“catfish”(猫魚)猫の餌ではありません。「ナマズ」です。文字通り簡単なものもあります。たとえば“ashtray”、そのまま、ashは灰trayは皿ですので、「灰皿」です。“breakfast”はどうでしょうか。breakは壊すとか破るという意味ですね。fastが意外と知られていないかもしれません。これは断食です。それで断食をやめるということで“breakfast”は「朝食」となります。“blacksmith”といのもあります。「鍛冶屋」ですが、どのような語源があるのでしょうかね。

また、二つの単語の組み合わせでできる結構面白い意味を持つ言葉があります。皆さんがご存じの言葉もあるでしょか。“praying mantis”はいかがですか。外国に行けば子供でも知っている言葉ですね。praying は祈りです。祈っているように見える虫はなんでしょうか。そうです、「かまきり」が正解です。では、“devil’s tongue”とはなんだと思いますか。外国の方が初めてこれを見てそのようにイメージしたのでしょうか。それとも味わってみてそのように感じたのかはわかりません。「悪魔の舌」が直訳ですが、これは「コンニャク」ですね。“devil’s tongue”を食べるかと言われるとちょっと遠慮したいと思うかもしれませんね。もっと身近なもので、簡単ですが“mechanical pencil”はどうですか。ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんね。日本語では「シャープペンシル」いわゆる「シャーペン」です。日本語のシャーペンの方がしっくりきますか。そういう問題ではないですね。

こんな風に言葉をさがしてみると面白いかもしれません。皆さんもユニークな面白言葉を探してみてください。

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは随時生徒募集しております。

四条畷市、門真市、大東市からもアクセスの良い立地です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

日本人は主張しない?

 

以前マウイ島に行った時のことですが、2回も盗難に遭いました。

親しくしているご家族と一緒に、わたしたちのお気に入りのホテル泊まりました。

ホテルに着いた翌日ビーチに行き、友人の奥さん以外はビーチで遊んでいましたが、

奥さんはビーチの木陰で鞄を枕代わりに横になったり、

時々体を起こし、ビーチの方を眺めたりしていました。

そして体を起こしたほんの一瞬に、鞄を盗まれてしまいました。

鞄の中にはクレジットカードとホテルのカードキーが入っていました。

そのキーからはどこのホテルのキーかは特定できないはずです。

すぐに最寄りの店から警察とクレジット会社に電話をしました。

警官が来て何やら質問をして立ち去って行きました。

 

その3日後、レンタカーを使って観光スポットを回ってホテルの部屋に帰ってみると、

部屋の様子がおかしのです。ベッドの上にタバコの吸い殻があり、

備え付けの家具の引き出しを見ると、見慣れないものが入っているのです。

わたし達の部屋はコネクテイングルームで外の入り口は二つありますが、中でつながっています。

誰かが忍び込んでわたし達の引き出しだけでなく友人の部屋の引き出しも物色した後、

あわてていた盗人は友人の引き出しのものをわたし達の部屋の引き出しに入れたようです。

すぐにフロントに電話し状況を説明し、警察を呼んでもらいました。

警官と話すのはこれで2度目です。

 

その後ホテルサイドから何も言ってきません。

部屋を変えてくれるようにと頼んでいたのですが、その返事もなし。

おそらく日本人なのでこれ以上何も言ってこないだろうという思いがホテルサイドにあったのかもしれません。

 

それで、どうしたと思いますか。そう、そのホテルの総支配人に話をしたいことを伝え、

部屋に来てもらいました。総支配人は盗難があったことは知らず、初めて聞くことだといいました。

ビーチで盗難にあってフロントでキーを交換してくれるようにも言っていたこと、

フロントはその必要なしと答えたことなど英語で伝えていきました。

また、このホテルは大好きで安全なので友人を連れてきたのに、

友人たちも盗難続きで少し気分が落ち込んで私も残念に思っていることを加えました。

 

盗まれたものは友人のスーツ、靴、ビール、私たちは新品の髭剃り、望遠鏡、鞄、

細かなものとしてはコンタクトレンズ、風邪薬、歯ブラシなどなど。

残っていたのは正露丸だけ。

あまりにも小物まで盗まれているのが不思議。

ホテルの7階なので窓から盗人が入ってくるのは難しいし、

ビーチで盗まれたキーを使って一部屋づつキーを差し込んで部屋が空くかチェックしていくだろうか。

疑いたくないが、部屋を掃除に来た人たちが盗んだのかもしれないとうこともあり得る。

などをいろいろ話した後、総支配人が出した結論は、

2週間ほどのホテル宿泊費とこのホテルを通して借りていたレンターカー代など、

すべてホテルが負担するというものでした。

 

やはり主張してみる価値はあると感じたものです。

ちなみに、日本に帰ってから分かったことですが、

ビーチで盗難にあったクレジットカードから1万円ほど使われていました。

いつも海外旅行に行く時に保険をかけますが、こんなのかけてもったいないといつも思っていました。

しかしこの時ほど保険に入っていて良かったと思ったことはありません。

盗まれたものの大半は金銭として戻ってきました。今となれば面白い経験でした。

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは海外での経験談等を交えながら

楽しく英語を学べます。随時生徒募集中です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

何か違和感が?

 

 

日本語でもそうですが、通じれば良い、ということでもなさそうです。

例えば、「米を洗う」といより「米をとぐ」、「ご飯を作る」でも通じますが、「ご飯を炊く」、

将棋や碁をやらなくても「将棋はさす」「囲碁は打つ」というのは知っているのではないでしょうか。

これが逆に「将棋は打つ」「囲碁はさす」だとやはりおかしいですね。

このような表現をコロケーションといいます。

 

同じように英語もこのような表現があります。

例えば「ケーキを作る」と言う場合”make a cake” でも通じそうですが、やはり”bake a cake” がしっくりきます。

「薬を飲む」と言われて”drink medicine” と言うでしょうか。

”take medicine” となりますね。

このように考えると本当にたくさんありますね。

と言うことは、通じてはいてもネイテイブの方からすると随分違和感を与えてしまっていることがあるかもしれません。

それで、できるだけこのコロケーションを知っておきたいものです。

 

もう少し例を挙げておきましょうか。「眼鏡をかける」はどうでしょうか。

“put on glasses” ですが、「靴を履く」はどうですか?やはり、”put on shoes” となります。

身に着けるものは ”put on “ 使います。

しかし、逆に日本語を学び出した外国の方は、「眼鏡を履く」とか「靴をかける」と言うことも生じるのかもしれません。

 

単に単語だけを覚えていてもこのコロケーションを知らなければ随分変な英語になっているかと思うとぞっとしませんか。

普通英語で話している途中にネイテイブの方が、そこおかしいよ、とは言ってくれません。

妙な英語を使う人だなとか、英語を学び始めた人だなと思われることはあるかもしれませんね。

かなり親しいネイテイブの方が友達にいるのであれば、変な英語を使ったら教えてね、

とあらかじめ言っておくと親切に教えてもらえることでしょう。

ただ、会話が一向に進まないという事も考えておくとよいかもしれませんね。

 

寝屋川市の英会話教室JOYFULでは、随時生徒募集中です。

四条畷駅から徒歩圏にあり、大東、門真からもアクセスのよい場所です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。